森を守るために│間伐と剪定をして森と木を成長させる

山林の管理

芝生

間伐は将来良質な木を育てられるとして、人気の山林管理です。昨今では間伐作業に補助金が受けられることがあるため、実施する山林所有者も増えています。間伐には幾つか方法があり、場所や木の種類などによって適した方法が選択されるのが一般的です。

もっと知ろう

庭をきれいにする方法

森

庭があるとガーデニングや子供の遊び場、駐車場などさまざまな使い道があります。もし庭が雑草でいっぱいになっているような場合は、業者に草刈を依頼する方法がおすすめです。草刈の一括見積りサイトを利用すれば、複数の業者から1度に草刈の見積りを出してもらえるので便利です。

もっと知ろう

森林を守るための方法

作業員

木の間引きとは

森林は私たちの生活を豊かにするだけではなく、二酸化炭素を酸素に変えてくれたり、水を蓄えておく大切な役割を果たしています。森林はかけがえのないものと言えますので、人間は森林を利用するだけでなく、しっかりと手入れや管理をしていく必要があります。そのような手入れの時に行うのが間伐です。間伐とは、すかし切りとも表現される山林などの手入れ方法のことです。木の成長は広い場所であれば問題なく成長していき、何年もかけて立派な年輪を持つ木になるのです。しかし、森林などであると、隣同士の枝がぶつかりあったりすることによって成長が阻害されてしまうのです。そのため、この間伐という作業は豊かな森林を保全するために欠かせないものなのです。

具体的な内容とメリット

先ほども少し述べましたが、間伐を行うことによって様々なメリットがあります。まず、人工林を作っている場合、もちろん商売として木を売ることになります。そのため、良い木を作るということも大切になるのです。木の成長と共に、その適正本数を保つことをしないと、良い質の木が育たないのです。また間伐をすることによって、木と木の間の空間をより良く保つことができるため、まっすぐで丈夫な木が育つので、その商品価値は上がります。その時期や木が育ち始めてどのくらいかということによって、その間伐の仕方も変わってきます。むやみに伐採してしまうということではなく、その森林の様子を見ながらより良い環境作りを考えるということがポイントと言えます。

植物の成長を促す

間伐をすることによって森の成長を促すことができますが、木の成長を促すには剪定をするのが一番です。剪定とは木の枝や葉を切り落とす作業のことをいいます。剪定をしないと枝や葉はどんどん成長していきますが、根本の部分には栄養はいかずそのまま放置しておくと枯れてしまうでしょう。剪定をすることで枝の数を減らし、根本に栄養が届くようにして立派な木にすることができるのです。

緑のある生活を送ろう

芝

最近、ガーデニングが人気を集めている。大阪でもそういう環境が整ってきた。庭作りは大変だが、造園業者の手を借りれば、多少は楽ができる。造園業者が多いので、業者選びには迷ってしまうが、目的に合った業者を選ぶことが大事だ。

もっと知ろう