森を守るために│間伐と剪定をして森と木を成長させる

山林の管理

芝生

伐採作業が人気です

山林の管理として広く行なわれているのが、間伐です。間伐は様々なメリットが得られる管理法として人気を得ています。敷地に木が茂り過ぎると、時に成長が妨げられてしまうことが問題です。土壌管理の点でも様々な問題が生じてくるため、間伐は山林所有者にとっては特にメリットの大きい作業となります。良質な木を育てられることから、将来の山林所得を増やしてくれる可能性があるのが間伐です。最近では、こういった間伐作業を行なうに当たって自治体の補助金が利用出来ることがあります。従って、場合によっては自己負担なしで間伐が可能です。このような補助金の存在を知っている方にとっては、特に間伐は積極的に利用したい山林管理の一つとなります。

木の成長をイメージします

間伐は、概して木の成長を第一に考えます。実際の間伐方法には幾つか種類があり、それぞれのケースに沿った方法が選択されるのが一般的です。例えば、順調な成長が見込める木を選び、それ以外の弱い木を伐採する方法が一つの選択肢として挙げられます。この方法をとると、良質な木だけを残すことが可能です。また日照や風通しなどを考慮して、各木がそれぞれ成長しやすいように敷地内を整える間伐法もあります。実際どういった方法が適しているかは、山林の場所や育成している木の種類によっても異なります。伐採した木の搬出もこういった作業の際に発生する一つの問題です。搬出する場所によっては、新たに作業道を作らなければならないこともあります。